よくあるご質問

他メーカーとの違い、比較はなんですか?

他メーカー様は遠隔操作用のリモコンが市販されてはいますが、操作する人員の目の届く範囲内でしか動かせません。 弊社の遠隔操作については、重機に搭載したカメラの映像を操作側に送って操作が可能なため、1,000Km離れた場所でもインターネット さえあれば操作が可能です。ARAVでは関連技術特許をこれまで4件出願しております。

建機遠隔操作の法令規制(届出の有無)はありますか?

法的規制はありません。重機のキャビン内が無人の状態で工事を行う、無人化施行自体は雲仙普賢岳の復旧復興工事をはじめ、30年以上の歴史があり、無人化施行そのものを規制する法律はありません。

遠隔装置点検等の条件(日常点検、月次点検は有資格者)はありますか?

納品後に提出する項目を点検してほしいとアナウンスしております。資格は不要です。

メーカーの保守点検事項に気を付けることはありますか?

点検や運転に必要な免許はありません。保守点検の際は、弊社の機器を取り外していただいた後、メーカーの保守点検をしていただくこととなります。

通信ラグ(ダンプ投入時のタイミング)はどの程度ありますか?感覚的にどの程度遅れますか?

操作コマンド0.1秒、映像0.3秒程度となります。円滑なオンラインミーティング時のような感覚でしょうか。

カメラの視認性(異物混入時や出荷等の異物発見、バケット内部付着)はどの程度になりますか?

現場のネットワーク環境によって解像度が異なります。現場施設内での遠隔操作であれば4Kの画質、インターネット経由での現場施設外からの遠隔操作であればHD画質での映像配信が可能です。

緊急停止措置は搭載可能ですか?

ARAVの遠隔自律製品は、緊急停止装置の送信機および受信機を標準で搭載しております。緊急停止装置の送信機ボタンを押下、もしくは送信機の電波の届く範囲外に重機が位置する場合に緊急停止作動状態となります。緊急停止作動状態になった場合、重機はセーフティレバーOFFもしくはエンジンOFFの挙動となります。どちらの挙動になるかはご購入時にご選択となります。

周囲に人がいないことが条件となりますか?

重機周囲に作業員がいない場合での導入を強く推奨しております。バックホウであればの旋回範囲内立ち入り禁止措置を設ける等、現場の確保した上でのご利用をお願いしております。

ダンプ等の接触の可能性はどの程度ありますか?どういう時に起きると考えられますか?

カメラの映像のみで判断することが基本装備となります。別途自律停止オプションを搭載可能な重機であれば、重機が壁や障害物に近付いた場合に減速致します。しかしながら自律停止オプションはあくまで被害軽減措置のため、衝突を完全に防ぐものではありません。

バケット投入時の安全確認方法(対ダンプ、他設備)はカメラ映像頼みとなりますか?

基本装備ではカメラ映像頼みとなります。 カメラ以外の機材を要望された場合、設備や重機、また条件によっては可能な場合もございます。

安全に重機を動かすための条件整理(運転開始、バック、右左折時の安全確認方法他)を教えてください

周囲に作業員がいないことを確認し、遠隔操作装置を利用して下さい。カメラ映像で周囲を確認し、遮蔽物がある場合はクラクションを鳴らして自機が作業中であることを周知氏て下さい。

通信条件はありますか?

光回線を設置、もしくは携帯電話の電波が届く場所であれば基本的にはどこでも通信は可能です。重機側はNTTドコモ限定となり、3GもしくはLTE、帯域については上り10~30Mbps下り2~5Mbpsが必要となります。 オペレーター側の帯域は上記の逆で、上り2~5Mbps、下り10~30Mbpsが必要となります。トンネル工事といった、光回線、携帯電話回線の確保が難しい場所では現地専用のネットワークを構築させて頂きます。この場合、遠隔操作範囲は敷地内に限定されます。

作業環境(蒸気、天候)・周辺粉塵等のカメラ(視野確保)の視認性について教えてください

前提条件として、窓ガラスがついていない重機には弊社製品は設置致しません。運転席の内部(キャビンの中)にカメラを設置致します。そのため、ワイパーを動作しても視界を確保することが困難な作業環境、例えば窓ガラスの曇りや粉じん等は、 利用対象外となります。

大雨・雷・台風時などの荒天時はどこまで許容(操業可能かの判断)出来ますか?

想定されるケースとして、大雨時に雨粒がカメラに大量に付着したり、あるいは台風時の強風で落ち葉や袋といったものがカメラに 付着した場合は人の手で除去するしかありません。尚、小雨であったり、台風もそこまで強くない場合であれば、そういった環境時にこそ遠隔操作は役立つと考えております。

設備故障ランプが点いた際やオイル漏れなどがあった際、気づくことが可能ですか?

希望に応じて、運転席内部を視認できるカメラを搭載することは可能です。そのカメラによって、社内のランプやメーターを確認する ことは可能かと思います。 オイル漏れについては、自機では気付けません。自機とは別の重機に搭載したカメラ、あるいは柱等に設置したカメラがある場合は、そうしたカメラで個別に捉えることは可能です。

設備の異音(近くでないとわからない)や異常(パンクによる傾きなど)に気付けますか?

基本装備のカメラのマイクはWEBミーティングと同等程度の性能となります。別途集音性の高いマイクを設置することも可能ですが、機器異常を感知する機器は別途手配されることを推奨しております。

遠隔と実車運転はどのように切換え可能ですか?

重機の搭載する遠隔操作機器の電源をOFFにすることで、実車運転が可能となります。 また、このとき遠隔操作機器を降ろす必要はありません。搭載したままでシートに座れますし、諸々の操作も手動で出来るスペースが確保されます。

設備・人災事故の際の補償、検証、状況報告などはどうなりますか?

納品物をカバーしたPL保険に加入致します。補償や検証については、実例で言うと個別に相談と契約を結ばせていただいております。 ※運用上で何かことが発生した場合、例えば日常点検を怠ったり異常な使用をされた場合は、弊社での責任をとれない旨としております。

クラクションは鳴らせますか?

標準機能ではありませんが、クラクションオプションを別途購入頂くことで利用可能です。

オペレーターは運転が楽になると思いますが、管理が大変になることはありますか?

遠隔操作の始動・終了の際、それぞれ5分間程度の準備時間は必要とはなります。

オペレーターが感覚的にやっていることが、どこまで操作者に感じ取れますか?重機レバーの感覚が伝わるものはありますか?

費用対効果を考慮し、建機の傾きや振動のフィードバックは導入しておりません。現場の映像および音といった情報で十分操作可能というご意見を頂いております。過去に大学の研究室へのサンプル納品実績はございますが、法人向けで購入されたことはありません。 法人導入となった場合、コストが非常に高価となるので見送られることが多いです。